ブランク有でも一般病棟は働きやすい?

透析看護師 → 透析看護師の転職先:一般病院

透析看護師の転職先:一般病院

透析看護師の就業先の中のひとつに一般病院があります。一般病院とは、大学病院などとは違って超急性期の患者は基本的にはいません。

むしろ大学病院などで急性期治療を受けた後に、社会復帰や在宅復帰を目指して治療するような病院になります。したがって、大学病院ほど緊急性の高い患者を診ることは多くはないでしょう。

だからといって大学病院よりも仕事の内容が楽などというわけではありませんが、緊迫感という意味では多少余裕があるかもしれません。

ただ近年では医療技術の向上や医療費削減、ベッド数確保などの問題もあって、大学病院など超急性期での入院期間が短縮される傾向にあります。 よって以前よりは、症状の重い患者やいくつかの病気を抱える患者を一般病院で診ることも増えているようです。

また治療を目的とした病床の他に、療養を目的とした療養病床を持つ一般病院も増えています。 いわゆる「ケアミックス」と呼ばれるタイプの病院です。 さらには健診施設を併設したり、健診に力を入れたりと予防医療に取り組む一般病院も増加傾向にあります。

このように一般病院は単に病気やケガの治療のために入院する病院というよりも、「地域の医療を支える地域密着型の病院」とも言えるのです。 一般病院は看護師として地域医療に貢献したいという人には、おすすめの就業先と言えます。

大学病院ほど高度医療に触れる機会は少ないかもしれませんが、先述したように予防医療から様々な症例に触れることができ、看護師としてのレベルアップにもつながります。

給料や待遇の面でいえば大学病院よりは劣ることが多いようですが症状が安定した患者が多いので、その点は仕事内容と給料とのバランスと言えるでしょう。

一方で一部の一般病院では看護師不足から、休みを取りにくい傾向があるようです。 なかなかそのようなつっこんだ質問はしにくいかもしれませんが、休みを重視したい人は就職や転職前にその点を確認できるとよいですね。

看護師の就業先:個人病院

地域の急性期医療を担うのが大学病院、急性期を脱した患者の社会復帰を目指して治療をするのが一般病院としたら、より症状の安定した患者の医療を担うのが個人病院です。 比較的数も多くあり、地域の人にとっては最も身近な病院とも言えます。

人口の少ない地方ともなると、その地域の人のほとんどがその病院にお世話になるということもあるほどです。 個人病院は看護師にとっても身近な就業先となります。

個人病院の仕事は、大学病院や一般病院の仕事の縮小版とも言えます。 もちろん大学病院のように超急性期や重症の患者を扱うことは基本的にはありません。 比較的症状の安定した患者や長期の療養が必要な患者が入院することが多いです。

大きな病院との違いは、専門によって役割が細分化されておらず、様々な業務をこなさなければならない点と言えるでしょう。小さな個人病院では、医師が院長だけということも少なくありません。

そうなると看護師はまさに医師の片腕となり色々な業務をこなさなければならないのです。 時には雑務と呼ばれるようなことをしなければならないでしょう。

大きな病院であれば専門のスタッフがするような、事務仕事、介助、掃除、リハビリなどを担当する可能性もあります。大変ではありますが、病院勤務で必要な色々な経験を積める上、患者と直接触れ合える機会が多いのでやりがいは感じられるでしょう。

ただ人数が少ない分、環境や人間関係は仕事へのモチベーションを大きく左右します。 特に院長や看護師長などとうまくいかないと辛いかもしれません。短い時間で判断するのは難しいことですが、面接の際にできるだけ話すなどして自分が安心してついていける人か見極められるとよいですね。

逆にいえば人間関係がうまくいけば、規模が小さい分アットホームな雰囲気で仕事をすることができます 給料や待遇、休みの取りやすさももちろん重要ですが、長く勤めるのであれば、人間関係は重要視したいものです。